スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | page top↑
奇跡の出会い
2010 / 03 / 07 ( Sun )
最近は毎日1冊本を読めるような環境にいますが
面白かった本を2冊紹介します。

1冊目は、お金は子どもに預けなさい/八木陽子/経済界/p227

お金は子どもに預けなさい 6歳からの金融リテラシー講座 (リュウ・ブックス アステ新書)お金は子どもに預けなさい 6歳からの金融リテラシー講座 (リュウ・ブックス アステ新書)
(2009/10/23)
八木 陽子

商品詳細を見る


これは妻が図書館から借りてきた本で、単行本サイズで薄くて小さいので
電車の中で暇つぶしに読む用に借りて読みました。

僕はこの年になってもお金の使い方がなってないんですが、
これを小さい頃から触れて学ばせましょうという本です。
その内容がとてもわかりやすくて、35歳の僕も勉強になるという(笑)
ましてや、これから子供を育てる親にはもってこいです。




もう1冊は、神さまが教えてくれた幸福論/神渡良平、小林正観/致知出版社/p156

神さまが教えてくれた幸福論神さまが教えてくれた幸福論
(2008/12)
神渡 良平小林 正観

商品詳細を見る


これは、図書館で目に入った本ですが、
題名がきにくわないんだけど、なんか気になって手にとって、パラパラとめくったら
相変わらず「ありがとう」がなんちゃらと書いてるんですよ。
もうあなた達、みんな同じ様な話し書かなくてもいいでしょ、って一旦棚に戻したんですが
「いやどんだけ同じ様なしょうもないこと言ってるか、バカにするなら読んでからにしよう。」
と思って借りてきたわけです。無料だし。

そして読んでみると、まず自分がにらんでいた「ありがとう」の解釈の仕方と違っていて、
「おお、なかなか面白いじゃん」、この小林正観というやつ中々見込みあるなあ、
と少しニンマリしておりましたら、とんでもない。
その後に、日本のルーツ、いや世界の根源ともなる古代文献からなる歴史的話しがずらっと出てくるのです。
竹内文書の話しに始まり、ヤハウェとヤマトの話し、天照大神とその弟とのやりとり、、、、
と小出しにてんこもり。
わたくしなんか、この竹内文書すら知らなかった。というより歴史というものにあまり興味がなかった。
でも、このほんの少しだけの日本人のルーツを知ったとき、
「現在の日本人の、無宗教でどんなものも取り入れて、受け入れることができる、という土壌はここから来ているんだ」と納得しました。

皆さんも図書館でいいんで、気軽に読んでみてください。1時間ぐらいで読めますので。
目から鱗が落ちて、ワクワクしますよ。



ちなみに、このブログのタイトル何にしようかな~~と、この本をパッとめくったらこのタイトルの文字が目に入ってきました。
なんかこっぱずかしいけど、他に書く事もなかったんで、書いときます。まあいいでしょ。
これもセレンディピティということで。

| | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ファイ君11ヶ月 | ホーム | ファイ君図鑑>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sudotakeshi.blog57.fc2.com/tb.php/401-abde1f19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。